143年前の今日、松村淳蔵アナポリス海軍兵学校卒業!

2016-05-30 18.52.06143年前の1873年(明治6年)5月31日、松村淳蔵はアナポリス海軍兵学校を優秀な成績で卒業しました。(卒業後のことは、5月1日のブログで紹介しております http://ssmuseum.jp/wordpress/?p=693

1869年(明治2年)ラトガース大学を退学し、初志貫徹のためアナポリス海軍兵学校に肥後から来ていた横井左平太(横井小楠の甥)とともに入学。軍の学校が外国人を受け入れるとは極めて異例のことですが、フルベッキの意向を受けたフェリスが議会に働きかけ、海軍兵学校に日本人を受け入れるという新法案が成立。米国側には、日本に好意を示して英国に対抗したいという動機もあったようです。そして、1906年(明治39年)が日本人生徒の受け入れ最後の年となります。排日の機運が高まり、日米関係が後退し始めた頃です。結局、それまでの間に16人の日本人生徒が入学し、内7人が卒業、7人が退学、もしくは本国政府の召喚により帰国、2人が在学中死亡。松村はこの7人の卒業生の第一号となります。3か月遅れの入学だったそうですが、規定の4年間をきっちり守り卒業。相当な語学力と強靭な精神力が必要だったとことでしょう。

畠中

カテゴリー: あの時代の今日は何の日? パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です