ワインとスヌーピーの街「サンタローザ」

カリフォルニアのブドウ王と呼ばれた長沢鼎が居住した街「サンタローザ」は、カリフォルニアワインの名産地であるとともにスヌーピーの生みの親、チャールズ・M・シュルツが30年にわたり執筆活動を行なった、スヌーピーファンの聖地でもあるのです。
街には、スヌーピーファンなら誰もが行ってみたいと思う「シュルツ・ミュージアム」があり、そこには世界中で愛された漫画「ピーナッツ」の原画から手書きスケッチまで、貴重なコレクションが展示されています。
スヌーピーをテーマにしたカフェや、シュルツ氏デザインのスケートリンクなど、スヌーピーに囲まれ五感でスヌーピーの世界を堪能できる、博物館です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です