薩摩藩英国留学生記念館のブログを新設します。

薩摩藩英国留学生記念館エンブレム

薩摩藩英国留学生記念館

薩英戦争から2年後にあたる1865年、薩摩藩は西洋に負けない国づくりのために、国禁を犯しながらも19名の留学生を英国へ送り込みました。彼らは帰国後、様々な分野で活躍し、近代日本の形成に大きく貢献しました。
彼らが英国に向けて決死の思いで出航した「羽島」は近代日本の夜明け「黎明の地」として留学生らの勇気や功績を語り継ぐために平成元年から毎年4月に「黎明祭」を開催しています。

現在、本市ではこの羽島に留学生一行の歴史的功績や生き様をわかりやすく紹介する施設として「薩摩藩英国留学生記念館」が平成26年7月20日に開館しました。

【薩摩藩英国留学生記念館の基本方針】
1. 留学生に係わる資料収集並びにその史実の情報発信し、次世代に伝え残す役割
2. 歴史学習の場としての役割
3. 羽島の魅力ロケーションを活かした「くつろぎ」の場を提供する役割
4. 羽島の住民をはじめとする市民の交流の場として地域の活性化に寄与する役割

「薩摩藩英国留学生記念館」に興味を持って頂く方が少しでも増えることを期待し、このブログを開設いたします。

「そこでしか味わうことのできないもの」を提供する、魅力ある記念館にしたいという思いで担当スタッフ一同、取り組んでいきます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です