【第14回 カフェ・アカデミア ご報告】

昨日のアカデミア、「民俗学で解く幕末維新のころ」というテーマで開催いたしました。馬具、農具、薩摩独自の教育である郷中教育等について、ゲストの小島先生による民俗学からみた意外なお話に、ご参加頂いた皆様も聞き入っている様子でした。       地域によって異なる馬の調教についてや、                    「民俗」が、慣習などを大人から子供へ、またその次の世代に伝えて行く為に必要であるということ、                                  また、記念館のある羽島で行われる「太郎太郎祭り」など、各地で行われる祭りについての話など、分かり易く、そして、楽しくお話頂きました。

今回からシリーズでお届けする「民俗学」から見たお話、              次回はどんな内容になるのか楽しみですね。。。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です