勲一等旭日大勲章を受ける

IMG_1769明治18年(1885年)、森有礼(38歳)は、第一次伊藤博文内閣で初代文部大臣に就任します。日本教育の明るい未来を思い描き、小・中・高等学校や大学といった教育に関する組織体制の整備や外国人に日本人と平等の権利を与えるなど斬新な改革を推し進めたことが時に世間から非難を浴びる要因となりますが・・・森の功績は認められ、翌年、勲一等旭日大勲章を受章します。

―という話を先日、来館した地元の小学生たちに森有礼の写真の前で「みんなが今、課外授業ができるているのもこの森有礼さんのおかげなんだよー」と説明すると、子供たちは「ありがとうございます!!!」と律儀にお辞儀をするではありませんか!驚きました。森の思いと努力は、今の子供たちの学びの場を充実させ、希望溢れる世の中にしています。

ふと写真の森を見ると、微笑んでいたような気がしました・・・。

カテゴリー: あの時代の今日は何の日?, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です