財部、普墺戦争を観戦する

IMG_1758慶応2年(1866年)、財部実行16歳の頃、留学費用を削減する必要があった薩摩藩は、数名の留学生の帰国を考えます。財部はその対象となりますが、「青少年を早く帰国させるのは将来の薩摩のためによくない」と進言したベルギー貴族モンブラン伯は、財部をフランスに招き、学費まで工面しました。この時に財部は普墺戦争(プロイセン王国とオーストリア帝国との戦争)を観戦することとなります。おそらく初めて見る、凄まじい威力をもった最新の兵器と武力に驚きを隠せなかったことでしょう。帰国後は、異人館の通弁役を務めます。

カテゴリー: あの時代の今日は何の日?, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です